ホーム > メリット・デメリット・注意点

クレジットカード現金化のメリット

日常の中で「今、現金が必要」という状況になったときに、「サラ金しかないかなあ」「闇金怖いなあ」と思うかもしれませんが、クレジットカードを持っていてショッピング枠に空きがあればそれを使って現金を作る事ができます。

新しい借金を作る必要がない、アングラな取引をする必要がないというのがクレジットカード現金化の一番大きなメリットです。

クレジットカード現金化のデメリット

クレジットカード現金化は、「クレジットカードで買ったものを下取りしてもらい現金を手にする」というのが基本です。

自分の持っていたものを買いとってもらったことのある人ならお分かりだと思いますが、基本的に買取というのは買いたたくことで、それを中古品として売るときの金額との差を大きくして利益を出します。

そのため、ショッピング枠で使える金額と実際に手にする金額には大きな開きができます。

例えばカードを使ってパソコンを購入してそれを中古買取店に持っていくと、時々「新品は買い取らない」ということを言われることがあります。また、買い取ったとしてもびっくりするくらい査定が低い(新品を想定していない)場合があります。

クレジットカード現金化の注意点

基本的に、クレジットカードは転売する目的で商品を購入することは適切な使い方とされていません。業者を介すればそのリスクは抑えられますが、自分でやろうとするとそのリスクは大きくなってしまいます。

クレジットカード現金化を考えた際は、まず業者に依頼することを軸に考えた方が良いと思います。

こちらのページもチェック