ホーム > クレジットカード現金化の事件簿

クレジットカード現金化の事件簿

クレジットカード現金化の業者がストレートにつかまるという事件は最近ではほとんどないと思います。
クレジットカード現金化を業者に依頼することの問題点は、まずはその業者自体がまっとうに仕事をしていないというリスク(情報が横流しにされる、場合によってはクレジットカードの不正利用など)、その次に起こりうることはクレジットカード自体が停止される、ということでそれは業者に依頼するしないにかかわらず起こりうることです。
ここではクレジットカードを使った現金化についての現実に起こっている事件について紹介していきます。

最近、わかりやすいクレジットカード現金化の問題としてネットニュースなどで騒がれていたのが、「メルカリでの現金販売」です。
ある金額の現金をそれ以上の金額で買い取る、という一見すると何を言っているのかよくわからないような出品です。
これは結局のところ、現金化業者がクレジットカードの現金化を希望するお客さんに「クレジットカードで」現金を買いとってもらうことで正に「クレジットカード現金化」を行っていたのではないかと考えられています。
たしかにストレートにクレジットカード現金化できるとは思いますが、簡単にマネーロンダリングできる、という可能性も問題視されて、一気に規制の方向に進みました。

まあ当たり前ですね。

ヤフオクでも昔は現金(もちろん希少価値のある昔の硬貨や紙幣は別です)を打っていたことがあったような気がしますし、それがストレートにクレジットカード現金化をもくろんだものでなかったとしても正当な使い道でないことは一目瞭然ですね。

フリマ系サイトやアプリは手数料が安いので、色々と「良くない事」に使われがちだと思います。いろいろと対策は考えているのだと思いますが、しばらくいたちごっこは続きそうな感じがしますね。

クレジットカード現金化というのは「結果」で、問題になるのはその過程です。正しく営業している業者は問題視されるような手法は取らないことを覚えておきましょう。

こちらのページもチェック