ホーム > 自分でやる現金化(※非推奨)

自分でやる現金化(*非推奨)

非推奨と書いているのは、クレジットカード現金化をやるということにメリットが全く存在しないからです。むしろデメリットが多く、やる意味を感じません。しかも転売自体が推奨されていないので、可能な方法も限られています。

それでも、という方へその中で一例を紹介します。

自分でやる現金化
  • 家電量販店でパソコンやタブレットなどの製品を購入。
  • 様々な下取り業者があるので持ち込む。
  • 査定を待って、見積り金額を確認、引き取ってもらう。
  • 代価としての現金を得ます。

これだけの手間と時間をかけて、一般的にはクレジットカード現金化業者に依頼するよりも還元率(=実際に手にできる現金)は少ない場合が多いのです。

下取り業者はそれを中古品として売る必要があるため、買取価格をできるだけ抑えたいという事があります。

クレジットカード現金化業者は、そうした「販売するというリスク」が存在しないので、結果的に多くの現金を還元することができます。

自分でやるデメリット
  • より高値で引き取ってもらえる商品を調べる。
  • 対象となる商品をより安く売っている店舗を調べる。
  • 直接店舗に出向き、商品を購入する。
  • その商品をもって、下取りをする店舗まで移動する。
  • 下取り見積りの間の待ち時間。

クレジットカード現金化を行う際は、ぜひその結果を考えて、やり方を選んでください。

こちらのページもチェック