ホーム > クレジットカード現金化の罠

クレジットカード現金化の罠

クレジットカードを持っているけど使えない場面はよくあります。
さらに、そういったときに限って手持ちの現金がないということもよくあると思います。

まず考えるのは借入。
個人・業者問わず借りてすむなら・・と考える一方、個人については自分のプライドの問題、業者については借りること自体に不安を覚える、というような障壁があり、「できそうだけどできない」という事になりがちです。

時間にゆとりがあれば、例えば何らかの手持ちのアイテムを売ってお金にする、という事もありますがいくら手に入れられるかがはっきりわからないので、それに頼るのは不安がとても大きいです。
そうした状態のときに考える一つが、クレジットカード現金化です。

しかしもちろんクレジットカード現金化はそれ自体にリスクが存在します。

自分でクレジットカード現金化を行う場合の問題点
  • とにかく時間がかかる
  • カード停止リスクがある
  • 失敗する可能性もある

自分だけで処理できればベストですが、こういった問題が大きく、業者を使った方が良いように思います。

一方で業者を使った場合のリスクはどうでしょうか?

クレジットカード現金化を業者に依頼した場合起こり得るトラブル
  • 不正カード利用
  • 個人情報の流出
  • カード停止リスクはやっぱりある

これだけ見ると、業者に頼むのは躊躇すると思います。

実際にそういった業者も多いのも事実で、そのリスクを踏まえて利用しますか?と言われれば私も断ります。

しかし業者を使ったときのリスクの原因を考えるとそれらは全て「悪徳業者」の所業ということがわかります。

「そもそもクレジットカード現金化なんて悪徳業者しかいないのでは?」と思われるかもしれませんが、それは明らかにNOです。

なぜなら悪徳業者のみであれば、何年も間クレジットカード現金化という商売自体が続くこともありません。
インターネット上でも広告は当たり前のように出ていますし、実店舗が存在しているエリアもあるくらいです。

もちろんクレジットカード現金化自体が大手を振ってできる商売かといえばそれもNOです。

要するにクレジットカード現金化自体はグレーなビジネスです。

悪徳業者もいるが、パソコンの操作だけで一定の売り上げを得られるので安定したビジネスとして行っている業者もいるという玉石混交の状態です。

もちろん一番大きな問題は、「クレジットカードの利用規約に反する可能性がある」という点です。
クレジットカードで現金を作ろうとすると、自分でやるにせよ業者に依頼するにせよその問題はついてきます。

しかし長く「ビジネスとして」クレジットカード現金化を行っている業者はその点をクリアしている可能性が高いと思われます。
しかも営業期間が長ければ長いことと、個人情報流出などのリクスが少ないことはつながっているとも思われます。

つまり、クレジットカード現金化は業者選びさえ間違えなければ目的を達成するのに一番適していると考えられるのです。

一方で、どこをどうみればいいのかわかりづらい面もあります。
その点についてはチェックポイントをまとめてみましたので、参照してみていただければと思います。

その上でおすすめサイトを1か所ご紹介したいと思います。

もちろん赤の他人にお薦めを受けても、「どうかな?」と思われるのもわかります。

しかしもし必要とされているのであれば、ダメ元で連絡してみるのはいかがでしょうか?

連絡した後でもキャンセルは可能です。逆にアクションを起こさなければ解決策は見えてきません。

そうした開き直りともいえるような思いでも、一度ご連絡してみることをお薦めしたいと思います。

クレジットカードの業者選びに失敗すると、とんでもないリスクが発生します。そういった問題の回避方法をしっかり調べてから行動に移しましょう。

こちらのページもチェック